妊活セラピスト
わたなべ  まさよ

 

ひとも自然の一部です
優しくて柔らかく、ときにはとてもパワフルな
あなた本来の力を引き出しましょう
 

 
ヨガの語源は つなぐ 。
ヨガを学べば学ぶほど、そのつながりを感じています。
心と体
呼吸と意識
自然と自分
自分と他者・・・
ひとをサポートしたいと思う気持ちからヨガを伝えたいと思うようになりましたが、そのような気持ちは自分にも返ってくることが分かりました。温かい気持ちをつなぐ場所にできればいいなと思います。
ヨガと不妊カウンセリングを行っております。この2つを今も学び続けていますが、共通していることは、ひとは自分の想像をはるかに超える『力強さ』を持っているということです。そんなまだ気づいていない力強さを引き出すお手伝いをしたいと思っています 
 

 

 

 
yoga history 

1971年神奈川県横須賀市出身
短大卒業後保険会社会社員、プロサーフィンの競技運営団体などで勤務
心身に不調を感じていた頃、体を整えるためヨガを取り入れました。
ヨガの深い呼吸はストレスから解放してくれ、心と体は徐々に調和を取り戻してゆきました。 
どんなに辛い状況でも本来自分が持っている力で人生立て直せる、
ということをヨガを通して知ることが出来ました。
心と体を健やかに、日常に役立つヨガを伝えることを大切にしています。
 
2005年 ヨガと出会い レッスンを受け始める
2011年 ヨガを毎日の日課とするようになる
2016年 全米ヨガアライアンス認定 『ヨガインストラクターRYT200』指導者養成講座修了
2017年   『女性のためのムーンサイクルヨガ』 指導者養成講座修了
2018年  『骨盤底筋トレーニングヨガ』 指導者養成講座修了

ninkatsu history   


私は過去10年の不妊体験の中で2度の流産を経験し、今は夫婦ふたりの生活を送っています。
幼い頃から母になる夢を抱き、特に妊活を卒業するまでの数年間は今思うととてもキツイ時期でした。体や心はギリギリの状態でしたが、子どものいない幸せを想像できず、治療のやめどきも分かりませんでした。そんなとき体を整えようと始めたヨガ。体だけではなく心も少しずつ落ち着いてゆきました。自分自身と向き合い、自分とカウンセリングをするように、ここがキツかったんだね、これは大変だったね・・・と繰り返してゆくうちに頭の中が整理され、自分らしさが戻ってゆきました。子どもを諦めるのではなく、今の自分を受け入れ、自分をいたわる時間が流れました。そこからヨガインストラクターと不妊ピア・カウンセラーの資格を取得し、妊活をがんばっている方をサポートすることが自分の目標になってゆきました。今は自分の経験が人の役に立てていることに喜びを感じています。

 
2018年3月 NPO法人Fine認定不妊ピア・カウンセラー取得、『不妊治療をサポートするためのヨガ』指導者養成講座修了、一般社団法人法人日本ヨガメディカル協会『不妊治療をサポートするヨガセラピー実践講座』講師担当(2月予定)